• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

スタッフブログ

2014-05-17

不動産広告の不当表示に注意!

不動産の購入を考えている方は、物件の広告やチラシなどを参考にすることも多いのではないでしょうか。 この不動産の広告やチラシには、実は気をつけなければいけないことがあります。 不当表示のひとつで、優良誤認表示と呼ばれるものです。 それは、実際に存在する物件の広告やチラシに、広告やチラシの内容が実は事実と異なっていて、実際の物件よりも優良な物件として誤認させるような広告やチラシです。 …

続きを読む

2014-05-16

中古住宅(戸建て・マンション)の見学で何を見る?

住宅は、人生においていちばんの買い物であるといっても良いほどに高値のものです。 第一に迷う点は新築か中古か、戸建てかマンションかといったように、幅広い視点で考える必要があります。 中古住宅を購入しようと決めたときには、実際に不動産会社へ問い合わせて物件を見に行くにあたり、安易に決めてはいけません。 場合によってはプロの査定士を依頼しても良いほどに、物件選びは慎重にすることが大切です。 …

続きを読む

2014-05-15

新築の一戸建てを購入するメリット

住宅不動産を新築一戸建てで購入することを検討している方は、新築一戸建て特有のメリットをよく把握し、理解しておくことが必要になるでしょう。 実際にマイホームを購入する際は、新築と中古の二通りの選択肢があります。 新築住宅として不動産の購入を検討している場合、特に新築のメリットをよく知ることによって、物件の価格の価値を知る上での重要な要点となります。 新築一戸建てで、一番わかりやすいメリット…

続きを読む

2014-05-15

住宅性能評価書に記載される内容

不動産の購入を考えて物件について調べていると、住宅性能評価書というものがつけられている場合もあります。 住宅性能評価書は、住宅性能表示制度に照らし合わせて書かれている評価書です。 物件の広告を見ただけで比較することは、非常に難しいものです。 住宅の性能について一定の基準に対する評価が出されていればいくつかの不動産を見て、購入するときにも比較しやすくなります。 住宅性能評価書に記載さ…

続きを読む

2014-05-14

投資用マンションを購入するメリット

自分が暮らすために不動産を購入するのではなく、投資の目的で不動産を購入することもあります。 投資用マンションを購入するメリットはどこにあるのか、考えました。 多くの方が投資用マンションを購入するときにローンを利用しています。 自分が住むためのマンションを購入した場合、ローンは働いた給料から充てて出します。 しかし、投資用マンションのローンの支払は、もらった家賃から出すこととなります…

続きを読む

2014-05-14

媒介契約は3つのタイプでどう違う?

不動産を購入する上で、売主と不動産会社との間では媒介契約としていくつかのタイプがあります。 媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約という3つのタイプがあります。 専属専任媒介契約は不動産会社を特定の1社だけに限定して、売主が売却か仲介を依頼するという契約です。 不動産会社では週に1回以上、売主へ向けて不動産の販売活動状況について報告する義務があります。 売主側は、…

続きを読む

2014-05-09

申込証拠金と手付金はどう違う?

不動産購入の意思表示という目的で、申込証拠金を預ける場合があります。 また、不動産の売買契約を交わすにあたっては手付金を支払わなければなりません。 申込証拠金は、優先購入することのできる権利を確保するために売主へ対して預けるものです。 つまり、本気で購入する気持ちがあるという意思表示をするために授受されるのです。 申込証拠金が渡された時点で売買契約そのものは成立していないため、その…

続きを読む

2014-05-08

不動産売買締結前の重要事項説明

住宅を購入することが決まれば、契約が交わされます。 そのときには必ず売買契約書として、書面で契約を締結することになります。 売買契約の前には必ず対象物件や取引に関する重要な点について書面で交付し、説明しなければならないとされています。 これが重要事項説明であり、説明する書面は重要事項説明書といいます。 その内容が大変重要なものであるために、書面を通して説明することが義務づけられてい…

続きを読む

2014-05-07

不動産売買でクーリング・オフが適用されるための条件は?

クーリングオフは契約に関して、消費者がその適否についてもう一度考える機会を設けるための制度です。 時に電話や訪問によってセールスが行われ、話のままに勧誘されて自分の意思が明確にかたまっていない状態で契約してしまうことがあるのです。 不動産の売買に関しても、クーリング・オフが適用される場合はあります。 宅地や建物の取引について、宅地建物取引業法でクーリングオフが設定されているのです。 …

続きを読む

2014-05-07

中古マンションを購入するメリット

不動産の購入の中でも、マイホームの購入を考えた時に、新築と中古のどちらのマンションを選ぶか迷う人が多いです。 中古マンションにはどのようなメリットがあるのか、これからご説明します。 中古マンションのメリットはなんといっても価格です。 マンションを購入するとき、間取りについてや広さについて、ある程度の希望を持っていることと思います。 自分の出せる予算の中から、間取りや広さの条件を見て…

続きを読む

2 / 3123

中古マンションを購入する際に注目すべき代表的な3つのポイント

いざ、物件を購入するとなると、様々な悩みが生まれてくると思います。とはいえ、新築がいいのか中古がいいのか、マンションがいいのか戸建てがいいのかが、まず最初に悩むポイントではないでしょうか?

一方で、理想があったとしても予算には限りがあるため、全てが理想通りの物件を見つけられるわけではなく、見つけたとしても購入できるとは限りません。また、いざ住んでみたら、理想と違ったということもあるでしょう。

ここでは、中古マンションを購入する際に注目すべき代表的な3つのポイントをご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

注目すべき代表的な3つのポイント

1.価格

まず第一に考えるべきは、価格がいくらなのかです。中古マンションは当然、新築マンションや戸建て、中古戸建てにくらべて価格が安くなる傾向にありますが、それでも決して安いものではありません。大切なのは、ご自身の支払いが苦しくならないような物件にすることです。

2.築年数

築年数は価格に直結するポイントのひとつです。つまり、築年数が古ければ古いほど、価格は安くなる傾向にあります。一方、安いからと築年数が古すぎるものを選ぶと、住み心地に影響してしまいがちです。また、室内だけでなく、マンション全体の設備や建物の強度も劣化していることが考えられるので、慎重に選ぶようにしましょう。

3.立地・エリア

価格・築年数ともに申し分ない物件には、立地的な不便を感じる物件がよくあります。もしここで、いい物件だからと無理してしまうと、通勤・通学で負担を感じるようになり、快適な生活を送れなくなってしまうかもしれません。大切なのは、通勤・通学、周辺施設のことまで考えて検討することです。

後悔しないために

まず物件を探すときは上記の3つのポイントに注目してみてください。もちろん、その他にも確認すべきポイントはありますが、まずこの3つをクリアしないと、どれだけいい物件でも後悔に繋がる可能性が高まります。

そして、希望の条件を満たす物件を見つけたら、次は内覧です。内覧は、一般的に仲介業者を通すことになりますが、仲介業者には良い業者も悪い業者もいます。

まずはメールや電話などでいくつかの業者に問合せをしてみましょう。そして、そのときに感触が良いと感じた業者に実際に会ってみることが大切です。ぜひ、人生を充実させるような中古マンション購入を実現させてくださいね。