• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

リフォーム・リノベーション

2018-01-05

不動産購入前に風水チェック!~vol.3 「運気別風水ポイント」~

shutterstock_338504552

外観・内装とチェックしたら、次は高めたい運気に応じて部屋を作っていきましょう。 インテリアの色や部屋の配置は、高めたい運気によって変える必要があります。リビングには家庭円満になる風水、仕事部屋には仕事運を高める風水、恋愛運を高めたいならこの部屋配置…というように、ここでは高めたい運気に合わせた風水のポイントをお伝えします! ご縁を掴む寝室配置とは?恋をしたい・結婚したいあなた必見 …

続きを読む

2017-12-15

仲介手数料無料物件の購入を検討している方へ!リノベーション物件がおすすめの理由

shutterstock_660558664

いざ、中古マンションを購入するとなった場合、多くのケースで物件の価格や諸費用に加えて、不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。この仲介手数料の金額は決して小さくなく、購入時に必要となる総額のなかで大きなウエイトを占めているものです。 しかし、リノベーション済みの物件を購入することで、この仲介手数料を無料にすることができるとしたら・・・。 そこで本記事では、「仲介手数料無料の物件を…

続きを読む

2017-08-13

リフォーム済み中古マンションを購入するメリットとデメリット

shutterstock_399859399

中古マンションを探していると、「リフォーム済み」と書かれている物件に出合うことがあります。「購入の段階でリフォームされているのなら、きれいでよさそうだ」と思うかもしれませんが、デメリットもある点には注意が必要です。 リフォーム済み中古マンションを購入する前に 市場に出回っている中古マンションの物件には、「リフォーム済み」「リノベーション済み」と記載されているものがあります。 「リフォ…

続きを読む

2017-02-01

老後に備えた安心な住宅づくり!バリアフリーリフォームのポイント5個

01

リフォームはその家に住む人がより暮らしやすくするために行うものです。最近は老齢になった両親のために、また、自身の老後のためにバリアフリーリフォームを行う住宅が増えています。体の衰えを感じるようになると、ちょっとした気配りがとてもありがたく感じるようになります。 では、具体的にどんなポイントに注目してバリアフリー化を行えばよいのでしょうか?この記事では、利用者が特に嬉しく感じるバリアフリー箇所…

続きを読む

2017-02-01

リフォーム成功を左右する!契約前に見ておくべき担当者のチェックポイント6つ

01

住宅のリフォームには多額の費用がかかりますし、これからも長年その住宅に住むわけですから、後悔しない、納得のいくリフォームを行いたいものです。 しかし、ほとんどの人はどうすれば失敗しないリフォームを行えるのかについてのポイントなんて知らないでしょう。その結果、間違った選択をしてしまい、望まないリフォーム結果になってしまうことが多々あるようです。 実はリフォームが成功するかどうかは、一緒に…

続きを読む

2017-02-01

DIYできる箇所とリフォーム会社に任せたほうがいい箇所

01

DIYは「Do It Yourself」の略で、自分でできることは自分でやってみようという意味です。最近は日本でもDIYがメジャーになってきて、休日にお父さんと子どもが一緒に工作する光景などもチラホラ見かけますね。 DIYで特に人気なのが、簡単なホームメンテナンスです。ホームセンターで道具を買ってきて、木材で家具をつくったり、家の塗装を塗り直したり・・・といったことですね。何事もチャレンジ!…

続きを読む

2016-04-25

リフォームを決めてから入居できるまでの大まかな流れと注意点

リフォームの業者選び 住宅購入の際、リフォームしてから入居を考えるのなら、まずは、水まわりをきれいにするのか、思い切って間取りを変更するのか、目的をはっきりさせることです。 リフォームの内容を決めたら、設備系に強い業者、間取りのプランニングが得意な業者、様々な素材を使った提案を数多く手がけられる業者など、業者ごとに得意な分野をチェックし、希望に合った業者に依頼します。 業者が決まれば…

続きを読む

中古マンションを購入する際に注目すべき代表的な3つのポイント

いざ、物件を購入するとなると、様々な悩みが生まれてくると思います。とはいえ、新築がいいのか中古がいいのか、マンションがいいのか戸建てがいいのかが、まず最初に悩むポイントではないでしょうか?

一方で、理想があったとしても予算には限りがあるため、全てが理想通りの物件を見つけられるわけではなく、見つけたとしても購入できるとは限りません。また、いざ住んでみたら、理想と違ったということもあるでしょう。

ここでは、中古マンションを購入する際に注目すべき代表的な3つのポイントをご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

注目すべき代表的な3つのポイント

1.価格

まず第一に考えるべきは、価格がいくらなのかです。中古マンションは当然、新築マンションや戸建て、中古戸建てにくらべて価格が安くなる傾向にありますが、それでも決して安いものではありません。大切なのは、ご自身の支払いが苦しくならないような物件にすることです。

2.築年数

築年数は価格に直結するポイントのひとつです。つまり、築年数が古ければ古いほど、価格は安くなる傾向にあります。一方、安いからと築年数が古すぎるものを選ぶと、住み心地に影響してしまいがちです。また、室内だけでなく、マンション全体の設備や建物の強度も劣化していることが考えられるので、慎重に選ぶようにしましょう。

3.立地・エリア

価格・築年数ともに申し分ない物件には、立地的な不便を感じる物件がよくあります。もしここで、いい物件だからと無理してしまうと、通勤・通学で負担を感じるようになり、快適な生活を送れなくなってしまうかもしれません。大切なのは、通勤・通学、周辺施設のことまで考えて検討することです。

後悔しないために

まず物件を探すときは上記の3つのポイントに注目してみてください。もちろん、その他にも確認すべきポイントはありますが、まずこの3つをクリアしないと、どれだけいい物件でも後悔に繋がる可能性が高まります。

そして、希望の条件を満たす物件を見つけたら、次は内覧です。内覧は、一般的に仲介業者を通すことになりますが、仲介業者には良い業者も悪い業者もいます。

まずはメールや電話などでいくつかの業者に問合せをしてみましょう。そして、そのときに感触が良いと感じた業者に実際に会ってみることが大切です。ぜひ、人生を充実させるような中古マンション購入を実現させてくださいね。