• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 街紹介 > 自由が丘の住みやすさと評判:都内屈指のおしゃれで上品なエリア

2017-09-28

自由が丘の住みやすさと評判:都内屈指のおしゃれで上品なエリア

10-001


銀座、表参道、恵比寿、自由が丘といえば、女性誌などでよくとり上げられるおしゃれな街。
なかでも自由が丘は、おしゃれなお店が多いだけでなく落ち着いた雰囲気の住宅街もあり、遊びに行く場所としてだけでなく、住む場所としても人気の高いエリアです。

緑道の散策やスイーツめぐりなども楽しめる、都内屈指のおしゃれな街・自由が丘ですが、その住みやすさはどうなのでしょうか。
自由が丘エリアの実態と住みやすさに関する評判をご紹介します。

自由が丘はこんなエリア

自由が丘というのは東京都目黒区の町名で、自由が丘駅も目黒区最南端にあります。
その自由が丘駅には東急東横線と東急大井町線の2路線が乗り入れており、渋谷までは東横線でおよそ10分、新宿も乗り換え1回、約25分でアクセスできる好立地です。
2013年には東横線と東京メトロ副都心線が相互直通運転を開始したため、乗り換えなしで埼玉県西南部まで行くことができるようになりました。
環状八号線や第三京浜、東名高速道路のインターチェンジなども近いことから、自動車を利用する方にとっても便利です。

自由が丘には、ファッションから飲食まで幅広いジャンルのおしゃれなお店がたち並び、休日には多くの方が詰めかけます。
とりわけ「お菓子の街・自由が丘」としての顔は好評で、有名な亀屋万年堂や、日本で初めてモンブランケーキを生み出した洋菓子店・モンブランなどの老舗をはじめ、数多くのスイーツ店が軒を連ねています。

自由が丘の住みやすさポイント

そうしたことを聞くと、あたかも観光地やがやがやした街を想像して「住まいには向かないのではないか」と思われるかもしれませんが、自由が丘は住みやすいと評判で、住みたい街ランキングでも上位の常連です。
その大きなポイントは、街並みが落ち着いて品がある点にあります。

自由が丘を歩いてみると、高層の建物はほとんどなく、ファッションやスイーツなどのお店もちょっとした小道に点在しているという感じで、街全体がとてもやわらかな雰囲気なのです。
駅のすぐ近くには九品仏川緑道が通っており、散策やペットを連れての散歩にはもってこい。駅前や大通りから少し離れれば、落ち着いた住宅街が広がっています。

そして、落ち着いていながらも、街の雰囲気はやっぱりおしゃれ。
「マリ・クレール通り」「メープルストリート」「サンセット・アレイ」といった通りの名前も一つひとつがしゃれていますし、点在するパン屋さんやスイーツ店もまるでフランスのような雰囲気。
雑貨店に入れば、日本各地から世界各国のものまでユニークな商品が幅広く並んでいます。

10-002

自由が丘の評判

おしゃれな街というと日々の生活のための買い物がしづらいのではないかと思われがちですが、日用品を買うスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどもたくさんあります。
自由が丘と隣接する九品仏駅や奥沢駅、緑ヶ丘駅なども徒歩圏内で、散策にもよし、買い物にもよしです。

実際に住む人の評判も総じて高いですが、いくつか注意が必要なポイントも。
駅の周辺は商業地域で、住まいを探そうとすると駅からの距離が徒歩10分以上となることが少なくありません。
また、駅のすぐ南側には目黒区と世田谷区の境があり、少し歩けば大田区との境もあるため、自由が丘エリアで物件探しをするとその住所はさまざまです。
隣接する地域でも区が異なると受けられる行政サービスやごみ出しのルールなども異なるため、住所はきちんと確認しておきましょう。

自由が丘は品のいい街に住みたい方におすすめ

自由が丘に行くとすてきなお店がたくさんあり、見ているだけでわくわくします。
しかし、自由が丘全体を包む雰囲気に派手さは決してなく、むしろ品のいい落ち着いた空気に満ちています。
気張らずに、品のいい街に住みたいと考える方には、自由が丘はおすすめしたい街といえます。

自由が丘の家賃相場は、ワンルームで9.52万円、1DKで12.63万円です(LIFULL HOME’Sのデータより、2017年9月26日時点)。
便利で評判のいいエリアであるだけに、家賃は決して低くありません。
その分環境はよく、お子さん向けの塾や習いごと施設なども充実していることから、子育て世帯にも適した地域です。

おわりに

自由が丘に住む方の評判をみていくと、おしゃれな街であるがゆえに、コンビニへ行くようなちょっとした外出のときも服装に気を遣うという声もありました。
しかし、道行く人が華美な服装に身を包んでいるわけではなく、品のいいおしゃれがあふれた自由が丘は、肩肘張らずに落ち着いた生活をしやすい街といえるでしょう。