• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト)

2017-09-13

景色は抜群だけど面倒くさい? タワーマンション上層階に住むメリット・デメリット

01

一度は住んでみたい憧れの住宅に挙げられることも多く、住むことが一種のステータスともなるのが、タワーマンション上層階の物件です。すばらしい眺望、充実した共用設備といった豪華なスペックを誇るタワーマンション上層階に人気が集まるのもうなずけるところ。 しかし、そんなタワーマンション上層階も、実際に住むとなればメリットばかりではありません。高額なタワーマンション上層階をせっかく購入したのに、住んでか…

続きを読む

2017-09-13

中古マンション選びで失敗しないための管理体制のチェックポイント6個

01

マンションを購入しようと考えたことがある方であれば、「マンションは『管理』を見て買え」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。マンション物件を評価するうえで、管理が行き届いているかという点はそれだけ重要な要素なのです。しかし、その管理状況を確認するためにどういう点を見ればいいのかといった点は意外と知られていません。 マンションの物件は、管理の良し悪しによって物件の住み心地や資産価値…

続きを読む

2017-09-13

中古マンションをバリアフリーリフォームする際の8つのポイント

01

高齢化が進む日本では、バリアフリーに着目されることが増えてきました。住まいづくりを考えるうえでも、年を重ねても住みやすい家にしたり、将来的に介護が必要になる可能性への備えとしてバリアフリーの住宅を考える方が少なくありません。 そうしたバリアフリーの住まいを手に入れるための手段の一つが、中古マンションのリフォーム・リノベーションです。マンションを購入してリフォームやリノベーションを行い、理想の…

続きを読む

2017-09-13

リノベーションに向いている中古マンションの特徴5個

01

「リノベーション」とは、物件を修繕・復旧したり外壁や内装をきれいにするだけでなく、間取りを変えたり設備を新しいものに取り替えたりといったように、いわば物件を“リニューアル”するものです。住宅の購入にあたっては、中古マンションを購入してリノベーションを実施することで自分好みの住まいを手に入れたいと考える方は少なくありません。 しかし、マンションの場合は管理規約や構造などの点からさまざまな制約が…

続きを読む

2017-09-13

中古マンション見学時に見ておくべき水回りのチェックポイント6個

01

顔を洗い、歯を磨き、食事をして入浴する……人間が生きていくうえではもちろん、生活を送るうえでも、水は不可欠の存在です。住宅でいわゆる「水回り」といわれる浴室、キッチン、洗面台、トイレは、その水を多く使う場。水回りを便利に使うことができるかどうかは、その物件での暮らしやすさに大きく影響します。 同時に、水回りは、住宅の汚れや設備の劣化が進みやすいところです。築年数が経過している中古マンションで…

続きを読む

2017-09-13

中古マンション購入時に確認しておくべき駐車場と駐輪場のこと

01

中古マンションを購入しようと考えたら、物件のスペックや室内の状況などはもちろん、マンション自体の構造や外観などをくまなくチェックするでしょう。加えて、物件の周辺環境や生活の利便性、将来にわたる資産価値など、確認すべきことは山のようにあります。 そうした数多くのチェック項目のなかで後回しにしてしまいがちなのが、駐車場と駐輪場です。自動車と自転車の使い勝手を大きく左右する駐車場と駐輪場は、そのま…

続きを読む

2017-09-13

土地付き太陽光発電は投資する価値があるのか?メリットとデメリットから分析

01

2010年前後から、太陽光発電は非常にメジャーな投資商品となったといえるのではないでしょうか。10%を超える高利回りが期待でき、さらに国からの補助金も出るということから、あっという間に一般家庭にも広がっていきました。 しかし、現在は電力の買取価格は全盛期の半分ほどまで下落しており、これからもこの傾向は続いていくと予想されています。それではもう太陽光発電に投資するのは無駄なのか、メリット、デメ…

続きを読む

2017-09-13

不動産投資をしてオーナーになるなら把握しておくべきアパート経営にかかる6つのコスト

01

不動産投資は物件を買えばそれでおしまい、そんな風に考えていませんか?残念ながらそんな簡単に収入が得られるものではありません。むしろ、物件を購入してからが本当のスタートともいえるでしょう。 入居者を募るためには宣伝をしなければなりませんし、必要に応じてアパートの外観や内装を修繕しなければなりません。もちろん、それらは無料でできるものではなく、ある程度のコスト、費用がかかります。 コストの…

続きを読む

2017-09-13

先を見据えた不動産投資、収益物件の将来性を判断する際の4つの指標

01

不労所得を目指して、また、将来のことを考えて不動産投資を検討する人は増え続けています。投資の仕組みになぞらえて、「お金に働いてもらう」なんて言葉も登場したりもしていますね。 ただ、やみくもに投資を始めても成功する確率は限りなく低いです。不動産投資であれば、きちんと収益が出る物件を見極め、そして適切な価格で購入することが成功のためのキモになってきます。 それでは高収益を生むのはどんな物件…

続きを読む

2017-09-13

貸主も借主もきちんと理解しておくべき3種類の定期借地権の違い

01

土地の貸し借りを行う際は、定式借地権についてしっかり理解しておくべきです。定期借地権は「借地借家法」と呼ばれる法律で定められている制度で、主に土地の貸し借りに関わる内容が記述されています。 法律と聞くとなんだか難しそうなイメージがありますが、要点を絞って理解しようとすればそこまで難解なものではありません。この記事では、定期借地権の重要なポイントをピックアップして解説していきますね。 定…

続きを読む