• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

住まいの購入は、人生のなかでも非常に大きな買い物であり、その後の人生の充実度に直結します。また、高額な費用を必要とするため、後悔しない物件を見つけ出し、購入をすることが大切です。 では、魅力的な物件に出会ったときにどうすればいいのでしょうか?それは、対応の良い仲介業者を利用することです。ここでは、中古マンション購入をする際にぜひ知っていただきたい情報、良い業者を見分けるためのポイントなどを集めておりますので、ぜひ参考にしてください

中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト)

2014-02-17

引き渡し前に確認しておきたい瑕疵担保責任

住み始める前は問題がないように見える住宅でも、住み始めた後に雨漏りやシロアリの被害などが発生することがあります。 経年による老朽化ではなく、物件に元からあった隠れた不具合を瑕疵(かし)と呼びます。 万が一瑕疵が発生した場合は、売主へ補修費用や損害賠償を求めることができ、瑕疵が原因で住むことができなくなった場合は契約解除を求めることもできます。 売買契約成立して引き渡しが行われた後、売主は「瑕…

続きを読む

2014-02-17

宅地建物取引業者が売主である場合の8種の制限

宅地建物取引業者が売主となる場合、宅地建物取引業法において「自ら売主制限(8種制限)」が定められています。 8種類の制限は宅地建物取引業者自身が売主となっている場合にのみ適用される制限です。 1.自己の所有に属しない宅地又は建物の売買契約締結の制限 (自己の所有に属しない物件を売買契約締結をすることはできない) 2.クーリングオフの適用 事務所等(不動産会社の支店・モデルルーム等…

続きを読む

2014-02-17

住宅ローン減税制度の適用条件

住宅ローンを利用して住宅を購入した場合、条件に適合すれば住宅ローン減税制度を利用することが可能になります。 住宅ローン減税制度は金利負担を軽減するために儲けられている制度で、住宅ローンの残高の1%を10年間に渡って所得税・住民税から控除してくれます。 住宅を購入すると固定資産税の支払いも発生するため、減税が受けられるとかなり助かりますね。 住宅ローン減税制度の条件は以下になります。 ・…

続きを読む

2014-02-17

不動産売買で適用されるクーリング・オフの条件

クーリング・オフは一定期間内なら無条件で契約を解除したり申し込みを撤回できる制度で、突然の訪問販売など買い手が冷静な状態でない時に締結した契約や、マルチ商法などリスクが高い契約をした場合に適用されます。 実はクーリング・オフは不動産の売買にも適用することができ、一定の条件を満たした場合は買主はクーリング・オフを利用して無条件で契約を解除することができます。 クーリング・オフは買主が不動産会…

続きを読む

2014-02-17

不動産売買締結前に受ける重要事項説明について

不動産の売買締結前に、宅地建物取引主任者から購入物件に関する重要事項説明を行うことが宅地建物取引業法によって義務付けられています。 重要事項説明を受けた後、買主は説明を受けたことを確認するサインするわけですが、重要事項説明を受けた記憶がないと答える方が多いようです。 購入後にトラブルが起こらなければ問題はありませんが、万が一住み始めてから不具合が起こった際、瑕疵(かし)であるかどうかについてト…

続きを読む

2014-02-17

住宅ローンの資金計画のポイント

住宅ローンを利用する際、借入限度額はいくらかで考えるより、毎月どれくらい返済が可能かを基準にして資金計画を立てます。 住宅購入、および住宅ローンを組む際の資金計画のポイントを項目ごとにまとめました。 ●頭金の金額 住宅ローンは不動産価格の100%を借り入れることも可能ですが、借入額が増えると金利がかかる金額と返済年数が増えてしまうため、必然的にトータルの返済額が増えてしまいます。 返済…

続きを読む

2014-02-17

公的ローンと民間ローンそれぞれの特徴

住宅ローンの借入先は、大きく分けると公的ローンと民間ローンに分かれます。 公的ローンと民間ローンそれぞれの特徴を解説していきます。 ●公的ローン 公的ローンには財形住宅融資と自治体融資があります。 財形住宅融資は財形貯蓄を1年以上継続、かつ貯蓄残高が50万円以上ある方が利用できる住宅ローンで、借入可能額は財形貯蓄残高の10倍の額と定められており、最高4,000万円まで借り入れることが可…

続きを読む

2014-02-17

住宅ローンの3種類の金利タイプ

住宅ローンの金利は主に「完全固定金利型」「変動金利型」「固定期間選択型」の3種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。 住宅ローンには複数の商品を組み合わせるタイプなどがありますが、これらの3種類の基本的な金利タイプについて解説したいと思います。 ●完全固定金利型(全期間固定金利型) 完全固定金利型は文字通り金利が固定されているタイプで、借入時の金利が変わることがありません。 金利…

続きを読む

2014-02-17

媒介契約の仲介手数料の上限値

●仲介手数料の上限値 不動産会社と媒介契約を締結した場合、仲介手数料が必要となります。 媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類がありますが、いずれの契約形態でも上限値は共通となっています。 仲介手数料は以下のように金額に応じて上限値が異なります。 200万円以下の部分・・・5% 200万円超400万円以下の部分・・・4% 400万円超の部分・・・3…

続きを読む

2014-02-16

3種類の媒介契約の違い

不動産会社に売買を依頼する場合、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類のの中からいずれかの媒介契約を結びます。 それぞれの媒介契約によって特徴が異なります。 ※媒介は仲介と同じ意味です。 ●専属専任媒介契約 専属専任媒介契約は「専属」という言葉が付いている通り、特定の不動産会社と専属契約を結びます。 依頼主は専属契約を結んだ不動産会社が紹介する買い主としか契約が…

続きを読む

中古マンションを購入する際に注目すべき代表的な3つのポイント

いざ、物件を購入するとなると、様々な悩みが生まれてくると思います。とはいえ、新築がいいのか中古がいいのか、マンションがいいのか戸建てがいいのかが、まず最初に悩むポイントではないでしょうか?

一方で、理想があったとしても予算には限りがあるため、全てが理想通りの物件を見つけられるわけではなく、見つけたとしても購入できるとは限りません。また、いざ住んでみたら、理想と違ったということもあるでしょう。

ここでは、中古マンションを購入する際に注目すべき代表的な3つのポイントをご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

注目すべき代表的な3つのポイント

1.価格

まず第一に考えるべきは、価格がいくらなのかです。中古マンションは当然、新築マンションや戸建て、中古戸建てにくらべて価格が安くなる傾向にありますが、それでも決して安いものではありません。大切なのは、ご自身の支払いが苦しくならないような物件にすることです。

2.築年数

築年数は価格に直結するポイントのひとつです。つまり、築年数が古ければ古いほど、価格は安くなる傾向にあります。一方、安いからと築年数が古すぎるものを選ぶと、住み心地に影響してしまいがちです。また、室内だけでなく、マンション全体の設備や建物の強度も劣化していることが考えられるので、慎重に選ぶようにしましょう。

3.立地・エリア

価格・築年数ともに申し分ない物件には、立地的な不便を感じる物件がよくあります。もしここで、いい物件だからと無理してしまうと、通勤・通学で負担を感じるようになり、快適な生活を送れなくなってしまうかもしれません。大切なのは、通勤・通学、周辺施設のことまで考えて検討することです。

後悔しないために

まず物件を探すときは上記の3つのポイントに注目してみてください。もちろん、その他にも確認すべきポイントはありますが、まずこの3つをクリアしないと、どれだけいい物件でも後悔に繋がる可能性が高まります。

そして、希望の条件を満たす物件を見つけたら、次は内覧です。内覧は、一般的に仲介業者を通すことになりますが、仲介業者には良い業者も悪い業者もいます。

まずはメールや電話などでいくつかの業者に問合せをしてみましょう。そして、そのときに感触が良いと感じた業者に実際に会ってみることが大切です。ぜひ、人生を充実させるような中古マンション購入を実現させてくださいね。