埼玉県さいたま市の10区の中でも北東部に位置しているのが見沼市です。区域面積は10区の中でも上位に入り、区役所周辺部分には大宮武道館や大宮東図書館といった施設もあります。さらに区域の北側部分には住宅地がありますし、南側には事前が多く残されているエリアになります。区内にはJR東北本線の東大宮駅がありますし、大和田駅、七里駅もあります。東大宮駅には新宿ラインも乗り入れされているので、乗り換えすることなく池袋、新宿に渋谷といった主要都市にアクセスできます。通勤通学においても非常に利便性が高いのです。また、湿地や沼が多くあったことから農業も盛んに行われてきました。芝川や加田屋川と同じように独特な景観を作り上げています。四季を通してとても豊かな自然や生き物を楽しむことができます。高層マンション、低層マンションともに多く建設されていますので、ファミリー向けにも単身向けにもおすすめです。

大宮七里サンコーポ8号棟 さいたま市見沼区大字東門前 仲介手数料0円(無料)

(外観)
価格 1590万円 (消費税込)
所在地 埼玉県さいたま市見沼区 大字東門前
交通 東武野田線七里駅 徒歩800m
間取り 4LDK 86.15m²
専有面積 86.15m²
築年月 Mar-82
所在階/階数 2階 / 地上5階

セールスポイント

メールからのお問い合わせ
物件の詳細を見る

マンション選びの際には低層階を選ぶことも多いです。というのも、低層階というのは高層階よりも安く購入することができます。しかし、割安で購入できることだけでなく、他にもメリットはあります。例えば、外出のしやすさです。マンションというのは、エレベーターを利用するのが必須になります。高層になれば高層になるほどエレベーターが欠かせないのですが、通勤時間や通学時間になるとこのエレベーターが混雑することがあります。いくつものエレベーターが完備されているのであれば良いのですが、そうでなければ混雑を回避することはできないでしょう。ただし、低層階はどうしても防犯、プライバシーといった面において不安が大きいのも事実です。低層階は戸建ての二階部分からも見下ろされることになりますので、室内が丸見えになることもあります。さらにバルコニーは道路に面していることが多いので、侵入されやすいのです。低層階にはメリットもありますしデメリットもあるということを理解しておかなければなりません。

マイホームブック Powered by STAR FOREST