新着物件
白幡西住宅2号棟 さいたま市南区白幡4丁目 仲介手数料0円(無料)

(外観)
価格 1390万円 (消費税込)
所在地 埼玉県さいたま市南区 白幡4丁目
交通 JR武蔵野線武蔵浦和駅 徒歩640m
間取り 2LDK 62.29m²
専有面積 62.29m²
築年月 Oct-73
所在階/階数 1階 / 地上5階
メールからのお問い合わせ
物件の詳細を見る

浦和太田窪団地 さいたま市南区太田窪2丁目 仲介手数料0円(無料)

(外観)
価格 1590万円 (消費税込)
所在地 埼玉県さいたま市南区 太田窪2丁目
交通 JR高崎線浦和駅 徒歩1520m
JR京浜東北・根岸線浦和駅 徒歩240m
バス(太田窪 乗8分)
間取り 2LDK 50.52m²
専有面積 50.52m²
築年月 Aug-68
所在階/階数 5階 / 地上5階
メールからのお問い合わせ
物件の詳細を見る

新着物件
南浦和ニューライフマンション2号棟 さいたま市南区辻1丁目 仲介手数料0円(無料)

(外観)
価格 1690万円 (消費税込)
所在地 埼玉県さいたま市南区 辻1丁目
交通 JR京浜東北・根岸線南浦和駅 徒歩1200m
JR武蔵野線南浦和駅 徒歩1200m
間取り 3LDK 65.61m²
専有面積 65.61m²
築年月 Aug-73
所在階/階数 3階 / 地上5階
メールからのお問い合わせ
物件の詳細を見る

新着物件
ハイラーク南浦和 さいたま市南区辻8丁目 仲介手数料0円(無料)

東南角部屋の広々としたお部屋 日当り・眺望良好 管理体制良好(外観)
価格 2180万円 (消費税込)
所在地 埼玉県さいたま市南区 辻8丁目
交通 JR埼京線北戸田駅 徒歩320m
JR埼京線戸田駅 徒歩1680m
間取り 3LDK 81m²
専有面積 81m²
築年月 1981/01
所在階/階数 4階 / 地上6階 地下0階
メールからのお問い合わせ
物件の詳細を見る

新着物件
ライツ浦和別所 さいたま市南区別所1丁目 仲介手数料0円(無料)

(外観)
価格 3790万円 (消費税込)
所在地 埼玉県さいたま市南区 別所1丁目
交通 JR高崎線浦和駅 徒歩1040m
JR埼京線武蔵浦和駅 徒歩1120m
間取り 3LDK 72.31m²
専有面積 72.31m²
築年月 Feb-96
所在階/階数 2階 / 地上11階
メールからのお問い合わせ
物件の詳細を見る

ヴィルヌーブ南浦和 さいたま市南区根岸2丁目 仲介手数料0円(無料)

(外観)
価格 3999万円 (消費税込)
所在地 埼玉県さいたま市南区 根岸2丁目
交通 JR京浜東北・根岸線南浦和駅 徒歩960m
JR武蔵野線南浦和駅 徒歩960m
間取り 2SLDK 75.25m²
専有面積 75.25m²
築年月 Jun-99
所在階/階数 5階 / 地上7階
メールからのお問い合わせ
物件の詳細を見る

埼玉県さいたま市南区というのは県庁所在地のさいたま市の南端にある地域になります。主な公共の交通機関というのは電車、バスになります。電車はJR東日本の武蔵野線、埼京線になります。そして区内を路線バスが走っているので、その路線バスを利用することもできるのです。道路の整備状況についても良好であり、高速道路の入り口もありますので、車で各方面へアクセスするのもまた便利です。1960年頃に浦和駅が開通したことで、それから急速に発展を遂げた地域になります。超高層ビルの開発も盛んですし、マンション等も多く建設されています。人口はまだまだ増加し続けているので、今後もマンションは多く建設されていくのではないでしょうか。商業施設の建設、企業の進出も増えてきています。

さいたま市南区でこれからマンションを購入しようと思われるのであれば、マンションの良い点も悪い点も確認しておく必要があります。まず戸建て住宅と比較をすると、マンションというのは温熱環境という面では非常に優れているということです。この温熱効果というのはとても重要なポイントになります。というのも、戸建て住宅というのは木造ですので、どうしても隙間風などが多くなってしまうことで、冬には暖房をつけても寒かったり、夏には冷房をつけてもなかなか冷えなかったりとマイナス面も大きいのです。しかし、温熱効果だけではなく風通しについても考えておく必要があります。というのも、高層階であれば風が非常に強いのでなかなか窓を開けられない、ということもあります。そして、角部屋であれば、2方向から風を取り入れることができるのですが、そうでなければ場合によっては窓を開けて風を通すには玄関を開けなければならない、ということもあります。玄関を開けるというのは、セキュリティ面に優れているマンションでもやはりリスクは高いものです。そのため、玄関を開けなくても、窓を開けるだけで程よい量の風を室内に取り入れることができる、というのが重要になるのです。