藤和伊勢佐木ハイタウン 横浜市中区曙町1丁目 仲介手数料0円(無料)

6階部分の南西向き 角部屋 3駅3路線利用可能 新規内装リフォーム 安心のアフターサービス保証付き 住宅ローン減税適合物件(外観)
価格 3590万円 (消費税込)
所在地 神奈川県横浜市中区 曙町1丁目
交通 横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅 徒歩320m
京急本線日ノ出町駅 徒歩560m
間取り 3LDK 64.8m²
専有面積 64.8m²
築年月 1980/11
所在階/階数 6階 / 地上11階
メールからのお問い合わせ
物件の詳細を見る

横浜市中区というのは東京湾に面した土地で、神奈川県庁や支庁、神奈川県警本部といった神奈川県を代表する機関が多く集まっています。その結果、非常に発展した街になっています。関内駅を中心にしてビジネス街が広がっており、同時に横浜中華街や横浜スタジアムといった観光地も多くあります。中区内はJR根岸線、市営地下鉄のブルーライン、みなとみらい線などが通っています。また都内へのアクセス、ということを考えると非常に優れているので、休日には多くの観光客で賑わいます。神奈川県立歴史博物館や美術館も多くあり、赤レンガ倉庫や山下公園はデートスポットとしても非常に人気があります。

横浜市中区にはたくさんのマンションがありますが、このマンションを購入される方が非常に多いです。戸建てではなくマンション購入者が増えているのにはなにか理由があるのでしょうか。まず、マンションを購入することのメリットについて考えてみましょう。マンションというのは、なんといってもセキュリティ面においてメリットが大きいといえます。というのも、マンションは玄関の鍵をしっかりと戸締まりをしていればかなり安全です。常に管理人が管理をしていますし、オートロックがあるマンションも増えていますので、そういったことを考えるとやはりセキュリティ面はかなり魅力的です。戸建ての場合には、もしも窓などの戸締まりを怠ってしまえば非常に心配になるものですが、マンションであればそのような心配はかなり小さくすることができるのではないでしょうか。また、地震や水害などにも強いのがマンションの魅力です。マンションというのは建物が非常に頑丈な作りになっているので、台風、地震においては建物が破損することはほぼありません。1階に住んでいる場合にはどうしても水害時に水に悩まされることもあるかもしれませんが、2階以上であればそのような心配はまずありません。また、マンションというのは、都心部や駅に近い場所に建てられていることが多いです。戸建てを駅の近くに建てるというのは非常に難しいことですが、マンションであれば好立地の場所で暮らすことができるのです。