中古マンションの仲介手数料無料 スターフォレスト 公式サイト > ブログ > お金・制度 > 借金があっても住宅ローンを組む方法はある?消費者金融が及ぼす影響についても解説

2021.01.27

借金があっても住宅ローンを組む方法はある?消費者金融が及ぼす影響についても解説

Pocket

大きな買い物をする際に利用する「ローン」。
個人購入で最も高額な商品と言われる住宅においては、ほとんどの方が住宅ローンを利用して購入しています。

しかし、ここで気になるのは「他に借金があっても住宅ローンを組めるのか」ということです。
結論を言えば、借金があっても住宅ローンを組むことは可能です。ただし、この場合はいくつかの条件をクリアする必要があるうえ、当然のことながら借金がない方よりも借入条件が悪くなる可能性があります。

本記事でお伝えする主な内容は以下の通りです。

  • 借金があっても住宅ローンは組める
  • 住宅ローン審査では借金の種類や金額を見られる
  • 過去の延滞履歴もローン審査に影響する
  • 他の借金を住宅ローンに組み込むことは不可

意識すべきは「住宅ローンは組むことが目的ではない」ということです。気に入った物件があると「どうしても買いたい」と無理矢理に住宅ローンを組んでしまう方も少なくありません。
「大切なことは購入後に安心して暮らせること」としっかり念頭に置きながら、無理のない資金計画を行うことが重要です。

借金があっても住宅ローンは組める?

他の借金があったとしても、住宅ローンの申し込みは可能です。
ただし借金がある場合、金利などの借入条件が悪くなるうえ、借入可能額が大きく下がる可能性が高いため注意が必要です。

▼フルローンの詳細はこちら
不動産購入時の「フルローン」とは?使うメリット・デメリットを徹底解説

▼オーバーローンの詳細はこちら
不動産購入時の「オーバーローン」とは?仕組みや注意点を解説

借入可能額の仕組み

住宅ローンにおける年間の返済可能額は、「返済比率」と言われる年収の総支給額に対する割合に基づいて計算され、この返済可能額の金額が高くなれば住宅ローンの借入可能額も連動して高くなる仕組みとなっています。

この返済比率は年収額や金融機関の基準によって若干異なるものの、25~35%で設定される場合が多いです。
例えば、年収500万円で返済比率の設定が30%の場合、年間の返済可能額は150万円です。ここから借入可能額を概算すると、借入期間が35年間であれば4,500万円程度と想定されます。

この借入可能額は金利や借入期間、金融機関の判断基準によって異なるため、実際は個別に事前審査を受けてみなければ分かりません。
しかし、いずれの金融機関もこの計算方法を採用し「返済可能額」を重視して融資判断を行なっているため、他の借金がある方は、この基準に沿って住宅ローンの借入可能額を想定することが有効と言えます。

月々3万円のマイカーローンがあったら?

仮に月々3万円のマイカーローンがあった場合を考えてみましょう。
先述した年収500万円の方が住宅ローンを組む場合、返済比率から算出された年間の返済可能額は150万円です。しかし、月々3万円のマイカーローンがあると年間の返済可能額は差し引き114万円となります。

そしてこの114万円から概算した場合、借入可能額は4,000万円程度と想定されます。
他の借金が無い場合の想定借入可能額が4,500万円であるのに対し、500万円の大幅な減額となる可能性があります。
このように、わずか月々3万円の借金があるだけでも、借入可能額が大きく下がってしまうのです。

また見落としがちなのが、スマートフォンなど端末代金の分割払いがある場合です。
端末代金の分割払いは、月々の携帯料金に組み込まれているため借金の認識が欠如しがちですが、この月々の支払いについても返済可能額に影響する項目です。

借金の認識が欠如しているために、仮に審査申し込みの際に分割払いの事実を申告していなかったとしても、個人信用情報会社にはその事実がデータ保管されているため、金融機関が審査時に情報開示すれば直ぐに判明してしまいます。

この場合、希望借入額が減額されてしまう、あるいは借金の不告知としてみなされた場合は融資非承認となる可能性もあるため十分な注意が必要です。

借金返済の遅延の経験がある場合はどうなる?

住宅ローンを組む時点で他の借金が無いとしても、借金返済の遅延がある場合は「融資額の減額」あるいは「融資非承認」となる可能性があります。

金融機関は借入者の「与信」についても融資判断をする際に重要視します。
申し込み時点で他の借金が無いとしても、過去に借金返済や公共料金の支払遅延の経験がある場合は返済能力が懸念されるとして、最悪の場合は融資非承認となることがあります。

借金を住宅ローンに組み込んで返すことはできる?

現在の住宅ローンは非常に融資金利が低いため、他の借金をまとめて住宅ローンに組み込みたくなりますが、これは非常に困難と言えます。
地方銀行やノンバンクなどで住宅ローンの借り換えに併せて他の無担保ローンをまとめられる商品も稀にあるようですが、かなり特殊と言えます。

いずれにしても、メジャーなネット銀行や商業銀行の住宅ローンは、あくまで「自己居住用の住宅購入」が融資条件となっています。そのため、万が一仲介会社から住宅ローンの借入枠を増やして他の借金をまとめてしまおう、などとアドバイスをされた場合は、違法の可能性があるため注意しましょう。

▼ネット銀行でローンを組みたい方はこちらの記事を参考にしてください。
ネット銀行でも住宅ローンを組むことはできる!ただしデメリットもあります

消費者金融が住宅ローンに及ぼす影響とは

マイカーローンや教育ローンと異なり、消費者金融での借金は特定の用途が求められていません。そのため、住宅ローンを融資する金融機関からすると、申し込み時点で消費者金融から借金されている方の与信判断は厳しくなる可能性が高いです。

過去に消費者金融から借金があったとしても、遅滞なく返済が行われていれば基本的に審査に問題はありません。そのため、住宅ローンの申し込みをする際は完済しておくことが無難と言えます。

おわりに:ローン審査申し込みの際は、しっかり申告を行う

借金がある方でも住宅ローンを組むことは可能ですが、借入可能額が低くなることにくわえ、借金がない方よりも金利などの借入条件が劣後する可能性があります。

住宅ローンの借入可能額は月々の返済金額に応じて計算されます。そのため、わずかな月々返済額の借金であっても住宅ローンに大きく影響するため注意が必要です。
特に、スマートフォンなどの端末代金を分割払いしている場合、本人に借金の認識が無く、審査申し込みの際に申告しないケースが多いです。

この場合、融資額の減額になる、また最悪の場合は融資非承認となる可能性があるため十分な注意が必要です。
いずれにしても、住宅ローンを組む際はご自身の経済状況をよく整理したうえで、審査申し込みをする際はしっかり申告を行うことが重要です。

Pocket

この記事を監修した人

スターフォレスト代表取締役
増田浩次(ますだこうじ)

埼玉県出身。親族の大半が不動産業界を営んでいたことから、自身も不動産業界へ入って30年近くが経ちます。モットーは、お客さまに喜んでいただけるような的確な提案をすること。お客さまには物件の良いところも悪いところもすべてお話しています。
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー、損保募集人資格を所持しておりますので、住宅ローンや資金計画のご相談・アドバイスもお任せください。

> 増田に対するお客様の声

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

2021.04.01 

住宅ローン減税制度の適用条件とは?仕組みについても解説

住宅ローンを利用して住宅を購入した場合、一定の条件を満たすことにより「住宅ローン減税制度」を利用することができます。 住宅ローン減税制度は、購入者の金利負担を・・・

→続きを読む

2021.03.31

個人から不動産を購入したときの消費税について解説

不動産における消費税は、他の商品やサービスと同様に10%が課税されます。 不動産は購入代金や諸費用を含めてそれぞれが高額であるため消費税のウェイトがとても大き・・・

→続きを読む

2021.03.22

住宅ローン控除に関わる「特定取得」と「特別特定取得」とは?仕組みや注意点を解説

住宅ローンを利用して購入した場合、一定の要件を満たすことで「住宅ローン控除」が適用されます。 この住宅ローン控除制度の適用を受けるためには、購入翌年に確定申告・・・

→続きを読む

2021.02.26

住宅ローン減税が改悪されるのはいつ? 改正内容や問題点を解説

住宅ローン減税は、マイホームを購入しようとする人をサポートする制度です。しかし、これが改悪されるのではないかと言われています。「控除期間13年が10年に変わる」・・・

→続きを読む

カテゴリ

人気記事

新着記事