2014年2月17日

新築住宅の内覧会で確認しておくべき項目

Pocket

新築住宅の引き渡し前には、住宅の仕上がりを確認するための「内覧会」が行われます。
「内覧会」では仕上がりに相違がないか、契約書通りに施工されているか、不具合がないかなど買主の目でしっかりと確認する必要があります。
万が一契約書と異なる仕上がり箇所があったり、不具合などがあったら引き渡しが行われる前に修繕をしてもらわなければなりません。
「内覧会」では以下の項目を必ずチェックしておきましょう。

●図面通りであるか
図面と照らし合わせ、図面通りに施工されているか確認していきます。
柱や壁など大きな物だけでなく、コンセントの位置や照明の配置など細かい部分も確認しておきましょう。

●汚れや傷がないか
新築住宅で汚れや傷があれば目立つのですぐに気づくと思いますが、内装だけでなく外装のキズもしっかりチェックしておきましょう。

●建具の建て付け
ドアなど建具の建て付けが問題がないか確認します。

●床の軋み
歩いた時に床が軋まないか、床の端の方まで確認しておきましょう。
できればビー玉など丸い物を転がして床の水平度を確認しておきたいところです。

●床下・天井裏
例えば床下や天井裏に断熱材を施工している場合、断熱材が剥がれてしまっていないかなどを確認しておきましょう。
断熱材が剥がれてしまっていては効果が発揮されません。

●住設機器
キッチン、洗面台、トイレ、浴室など住設機器を動かしたり引き戸や引き出しを開け閉めしてみましょう。
設置の仕方によっては引き出しが開けにくかったり不具合が生じている場合があります。
水道が使用できる場合は水を流して水漏れなどが発生しないか確認しておきましょう。

●固定物の取り付け
ハンガー、カーテンレール、タオル掛け、ペーパーホルダーなど、壁に固定されている物がしっかり取り付けられているか、グラグラしないか確認します。

●点検口
浴室の点検口などを覗き、仕上がりが綺麗であるかどうか、カビなどが発生していないかを確認しておきましょう。

Pocket

カテゴリ

人気記事

新着記事

COPYRIGHT (C) 株式会社スターフォレスト ALL RIGHTS RESERVED.